Teamsで通信帯域を制限した時の画質(メディアビットレート)

Teams

どうも!シスブロ(@sysbloblog)です!

今回はTeamsの会議ポリシーで設定できるメディアビットレートを設定して通信量を制限した時の画質比較です!

先に↓↓の記事でイレギュラーな設定方法からやっちゃったので今回は正攻法の方です(笑)

画質比較

設定方法はまた別記事書きたいなぁ~と思ってます。

諸情報(設定する上では割と重要な情報?)

ネットワークやハードウェアの状況で通信量が自動で調整されたりするので、参考程度でお願いします。
あとは制限値しても通信量の平均が目安らしいので500Kbpsで制限しても400~600Kbpsとかで通信が発生することもあります。
試した条件は1対1のチャット通話で検証していて、2つのアカウント両方にメディアビットレートの制限を入れています。
画面共有や音声は品質に変化がないように見えました。(画面共有はfpsで調整されているのかも?)
マイクロソフトさんからはメディアビットレートの制限は送信のみに影響しますと案内がありましたが、↓↓に記載の通り、最近の更新で受信の制限もされているかもしれません。あと、最小値は50Kbpsまでしか設定できませんでした・・・

Teams: 会議ポリシーを管理する - Microsoft Teams
Teams で会議ポリシーの設定を管理する方法について説明します。また、会議ポリシーの設定を使用して、ユーザーがスケジュールした会議の参加者に対して利用できる機能を制御します。

今回は制限なし~500Kbpsで試してみました!

私の主観では1Mbpsくらいまでは制限しても気づかないレベルです。

最小値の50Kbpsで設定すると音声しか送受信する余裕がないので映像は映せないことが多かったです。
たまに映ったり映らなかったり、、、Qosポリシーの方は映るけど画質が悪いって感じでした。

画質比較

では、画像の比較です!

まずは制限を入れていない状態!

続いて1.2Mbps

1Mbps

最後に500Kbps!

画質って評価が難しいなぁと思ったのですが、背景設定に文字を入れて読めるか?ってのも試して500Kbpsでギリ読めるレベルでした。

以上です!

この記事が誰かの助けになれば嬉しいです!

良かったら↓↓のいいねボタンを押してもらえると励みになります!!

質問や不明点、間違ってる情報等あればご連絡いただければ喜びます!!

ばいばーい!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました