盗難防止!保管用MetaMask(メタマスク)の作り方【ハッキング対策】 | シスブロ ブログ

盗難防止!保管用MetaMask(メタマスク)の作り方【ハッキング対策】

仮想通貨(暗号資産)関連

どうも!シスブロ(@sysbloblog)です!

今回は保管用メタマスクの作り方についてです。

NFT界隈のハッキングが増えているので普段使うメタマスクとは分けて、NFTを保管する専用のメタマスクを作成する人が増えています。

現実世界で考えると銀行や金庫と財布といったように、すべての現金を持ち歩く人はいません。

メタマスクでも同様に使い分けをしましょうということになります。


国内仮想通貨取引所の口座開設は「コインチェック」コチラのリンクからどうぞ!

コインチェック

Chromeアカウントを追加してMetaMask(メタマスク)を追加する

保管用メタマスクを作成するにはChromeのアカウント追加を行う必要があります。

注意:メタマスクのアカウント追加ではないです。

以下の場所にあるメタマスクのアカウントを作成してもハッキングには効果がありません。

拡張機能のメタマスク > アカウントを作成

以下からGoogleChromeブラウザのアカウントとして作成する必要があります。

GoogleChromeのアカウントアイコン > 他のプロフィール > 追加

追加を選択すると以下の画面になりますので、アカウントなしで続行を選択します。

アカウントの名前を入力し、テーマカラーはお好きな色を選択し、完了を選択します。

今回はNFT保管用なので「NFT」というアカウントを作成しました。

あとは新しくつくったプロファイルにメタマスクをダウンロードすればOK!

やり方は以下にまとめています!


以上です!

この記事が誰かの助けになれば嬉しいです!

良かったら↓↓のいいねボタンシェアフォローしてもらえると励みになります!!

質問・不明点・間違ってる情報等あればご連絡いただければ喜びます!

ばいばーい!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました